出会い系サイトを利用する上で気をつけなければいけないことの一つにサクラサイトの存在があります。
サクラサイトとは、サクラを使って利用者から金銭を騙し取る悪質なサイトのことで、出会い系サイトがネット上に表われて20年以上経った今でも暗躍し続けているのです。

サクラサイトを利用してしまうと、出会いが見つからないだけでなく大切なお金や時間を奪われる結果となるので、サイトを選ぶ際は十分な注意が必要になります。

ここでは、ネット上で今もなお暗躍するサクラサイトの実態について書いています。

サクラとは?

サクラサイトの実態を語る前に、まずはサクラの存在について見ていきましょう。

そもそも、サクラとはどのような存在なのでしょうか?
その由来は江戸時代にさかのぼります。
江戸時代には芝居小屋というものがありまして、そこで歌舞伎を楽しむというのが娯楽の一つでありましたが、その歌舞伎の見せ場見せ場で「待ってました~」とか「よっ○○!」といったようなかけ声をかけたり、その場を盛り上げる人たちのことをサクラと呼んでいたと言われています。

サクラは時代の進化とともにその手口や場面も変化していきます。
明治時代になりますと屋台や露天商の売り手が仕込んだサクラが一般の客になりすまし、売っている商品を褒めたり、わざと高い値段で買って他の客に買わなければ損をするといったようにけしかけて高い値段で買わせたりします。
この頃からかは分かりませんが、サクラは偽物の客ということで「偽客」が当て字となったようです。

これが現代になるとサクラはさらに進化と変化を遂げてきます。
例えば、行列商法がそのひとつ…。
新しくオープンする店やイベントを行っている店が、サクラを雇ってわざと行列をつくり一般の客を集めるというもの…。
これは、行列ができるぐらいだからきっとその先には良い商品あるいは美味しいものがあるはず…といった客の心理を突いた実に巧妙な商法と言えるでしょう。

また、最近ではグルメサイトでの集客を図る目的で、サクラを使ってクチコミや評価を高く見せかける飲食店がある…といった報道もありましたね。

サクラは古くは江戸時代からそして現代に至るまで、手口や手法を変えて横行しているようです。

サクラサイトの実態

「偽客」「客になりすます」…といった意味では、ネット上でのやり取りから始まる出会い系サイトはサクラを使った詐欺行為に打って付けの環境と言えるでしょう。

例えば、ポイント制の出会い系サイトではサイト内の機能やサービスを利用する度にポイントを消費つまり課金することになるので、相手の会員になりすまして意図的にメールのやり取りを繰り返したり、有料のサービスを利用させることで料金を騙し取ることができるわけです。

もちろん、サクラの被害はポイント制の出会い系サイトに限ったことではありません。
定額制の出会い系サイトでも利用期限が近づくと会員になりすましたサクラからメールが届き、メールのやり取りを続けるために利用期限を延長させられるといったケースがあるのです。

それなら、無料の出会い系サイトは安全か…と言うとそうでもありません。
利用する際に料金が発生しないという意味では有料のサイトに比べてサクラ被害のリスクは少ないですが、悪質な無料出会い系サイトの中には提携している有料のサイトに誘導するケースもありますので油断はできないのです。

また、手口の変化という意味では、一昔前に芸能人やその関係者になりすましたサクラが「友達になって欲しい…」とか「相談相手になって欲しい…」といって、一般の利用者から高額な料金を騙し取るという事もありましたね。
冷静になって考えれば絶対にあり得ないことでも、有名人と親密な関係になれるかもしれない…という利用者の期待を逆手にとった手口に、我々利用者はついつい騙されてしまうのです。

今でもそのような手口で利用者を騙しているサクラサイトがあるようですが、サクラの手口は時代とともに進化しており巧妙化していますので、いつ自分が被害者になっても不思議ではありません。

サクラに騙されないようにするには

それでは、出会い系サイトでサクラに騙されないようにするにはどうすれば良いのでしょう?

その答えを一言で言ってしまえばサクラサイトを利用しないことになる訳ですが、先ほどからも言っているようにサクラは時代とともに進化しており手口も巧妙化しているので、今ではサクラサイトを見極めるのも困難となっています。

なかには、出会い系サイトに対するクチコミや評価サイトを参考にしている人も多いかと思いますが、前述したグルメサイトの例もあるようにクチコミや他人の評価を鵜呑みにするのは危険です。

ですから、出会い系サイトの場合は見極めるというよりも常にサクラを意識して利用することが重要となってきます。

たとえば、ポイント制や定額制といった有料の出会い系サイトの場合では、サクラサイトは課金や会費が高ければ高いほど効率よく稼げることになりますから、同類のサイトを比較して課金や会費が極端に高いサイトは注意が必要になります。
もちろん、課金や会費が安いからといってサクラがいないわけではありませんが、料金が安いサイトであればサクラに騙されたとしても早く気づくことができれば被害を最小限にとどめることができます。

早く気づくという意味では、有料の出会い系サイトで女性の方から猛烈にアプローチしてくる場合や無料の出会い系サイトで他のサイトへ誘導する場合は、サクラの可能性がありますので注意しておきましょう。

また、メールのやり取りが続く中でリアルな出会いに誘ってもなかなかあってくれない相手や、会う約束をしてもドタキャンを繰り返す相手はサクラでなくてもお金や時間の無駄になりますので、早い段階で見切りをつけましょう。

今もなお暗躍するサクラサイトの実態のまとめ

出会い系サイトは、有料のサイトでも実際に料金を支払うのは男性だけというところが多いので、サクラのターゲットになるのはおもに男性でした。
しかし、最近では女性をターゲットにしたサクラサイトも多く存在し、実際に被害に遭う女性も増えてきているのが現状です。
ですから、女性の方も油断することなくサイト選びは慎重に行いましょう。

また、男性・女性に関係なく、出会い系サイトを選ぶ際にクチコミや評価サイトを参考にしている方も多いと思いますが、そのクチコミや評価がサクラによるものだとしたら、その時点から既にサクラサイトの術中にはまることになります。

結局のところ、大切なのはサイト選びもサクラの見極めも自分で判断すること。
そのためにも、出会い系サイトを利用する際は常にサクラを意識することが重要となってきます。