今現在、出会い系サイトを利用している人、あるいはこれから利用を考えている人なら一度は耳にしたことがあるかと思いますが、出会い系サイトには「出会い系サイト規制法」という法律があります。
正式な名称は、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」と言いまして、平成15年に制定されました。

その後、出会い系サイトの利用が原因とされる犯罪が依然として多発することから、平成20年に出会い系サイトを運営する事業者に対して規制の強化等を図る改正がされました。

「出会い系サイト規制法」には、サイトを運営する事業者だけでなく我々利用者も守らなくてはいけない事項がありますので、知らなかったという方はもちろん知っているという方も改めて確認しておきましょう。

ここでは、出会い系サイトを利用する上で知っておかなければいけない「出会い系サイト規制法」の概要について書いています。

出会い系サイト規制法の目的

「出会い系サイト規制法」は、出会い系サイトでの児童買春をはじめその他の犯罪から児童を保護することを目的としています。

なお、「出会い系サイト規制法」における児童とは、18歳未満の少年少女になります。

この目的を遂行するために、「出会い系サイト規制法」にはサイトの運営者に義務づけられている事項や利用者が守らなければいけない事項、さらにはプロバイダや保護者が努めなければいけない事項がありますので詳しく見ていきましょう。

出会い系サイトの運営者に義務づけられている事項

「出会い系サイト規制法」では、サイトを運営する事業者に対して次のような義務を課しています。

  1. 出会い系サイトの事業所を管轄する警察署への届け出
  2. サイトの利用者が18歳未満の少年少女でないことの確認
  3. 禁止誘引行為に係る書き込みの削除等

解説

1,出会い系サイト(インターネット異性紹介事業)を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律第7条の規定により「事業開始届出書」を提出するものです。

2,サイトを利用しようとする者が18歳以上であることを事前に確認するというもので、具体的には生年月日により年齢が確認できる「運転免許証」や18歳以上から申し込みが可能となる「クレジットカード」等での確認が行われることになります。

3,出会い系サイトの掲示板に児童を相手方とする異性交際を求める書き込みがあった場合は、それを削除しなければいけないというものです。

出会い系サイトの利用者が守らなければいけない事項

こちらは、出会い系サイトを利用する側が守らなければいけない事項になりますので、必ず頭の中に入れておきましょう。

  1. 「禁止誘引行為」の禁止
  2. 18歳未満の者の出会い系サイトの利用禁止

解説

1,出会い系サイトの掲示板に18歳未満の者との性行為を求める書き込みや、18歳未満の者を対象に金品を渡すなどとして交際を求める書き込みを禁止するもので、違反すれば処罰の対象となります。

2,18歳未満の者は出会い系サイトを利用してはいけないということです。

プロバイダや保護者が努めなければいけない事項

「出会い系サイト規制法」には、サイトを運営する事業者の義務や利用者の禁止事項のほかに、インターネット回線をインターネットにつなげるプロバイダや児童の保護者が努めなければいけないことがあります。

  1. プロバイダによるフィルタリングサービスの提供
  2. 保護者によるフィルタリングサービスの利用

解説

1,プロバイダは違法コンテンツや有害コンテンツを閲覧することを防止するフィルタリングサービスの提供に努めなくてはいけません。

2,18歳未満の少年少女の保護者は、プロバイダが提供するフィルタリングサービスやフィルタリングソフトを利用して、出会い系サイトの利用を未然に防ぐように努めなければいけません。

iPhoneやAndroidのスマートフォンには、標準の機能としてフィルタリングを設定することができるので、児童にスマートフォンを持たせる場合は事前に設定しておきましょう。

出会い系サイト規制法についてのまとめ

出会い系サイトは出会いを求める者同士が集まって、ネット上で理想のパートナーを見つけることができる大変画期的なサービスなのですが、法律に違反する使い方をしてしまうと処罰の対象となり犯罪者となってしまいます。

出会い系サイトに起因する犯罪は、テレビや新聞等でも大きく取り上げられることが多いため「知りませんでした…」「そんなつもりではありませんでした…」といった言い訳は通用しません。

出会い系サイトを使った卑劣な犯罪者にならないためにも「出会い系サイト規制法」に関する正しい知識を身につけておきたいものです。