出会い系サイトは、目的や条件に合ったパートナーをネット上で見つけることができる大変便利なサービスなのですが、その便利さを逆手にとって利用者から料金を騙し取る悪質なサイトも存在しているので注意が必要です。

出会い系サイトを装った悪質なサイトといえば、サクラサイトが知られていますが、そのほかにも架空請求や不当請求といった形で金銭を騙し取る詐欺サイトも存在していますので、被害者にならないためにも正しい対処法を身につけておく必要があります。

ここでは、悪質なサイトによる架空請求と不当請求について書いています。

架空請求と不当請求の違い

架空請求と不当請求はいずれも詐欺行為であることに違いはありませんが、内容は少し違ってきます。
ですから、まずは架空請求と不当請求の違いについて見ていきたいと思います。

まず、架空請求は、実際には契約をしていないにもかかわらず、あたかも契約したかのように見せかけて商品やサービスの料金を請求してくる詐欺行為になります。
出会い系サイトでいえば、実際には有料の機能やサービスを利用していないのに、あたかも利用したかのように見せかけて利用料金を請求してくる形になります。

一方、不当請求は、実際に契約はしたものの契約した内容とは違った内容の請求を一方的に行う詐欺行為になります。
出会い系サイトでいえば、実際に有料のサービスやコンテンツを利用したけれど、事前に示された料金とは違った法外な料金を請求してくる形になります。

いずれにしても、身に覚えのない請求であれば当然支払いに応じる必要はありませんが、出会い系サイトやアダルト系のサイトで実際に架空請求や不当請求をされてしまうと、周囲にバレるのではないか…という焦りから支払いに応じるケースも少なくないのが現状のようです。

架空請求や不当請求をされたら…

架空請求や不当請求をされた場合、私たちはどのように対処すれば良いのでしょう?
実は、架空請求と不当請求とでは対処法にも少し違いがあるので、状況に応じた正しい対処法を知っておく必要があります。

まず、架空請求の対処法としてよく言われているのが「無視する」ということです。
架空請求の場合は実際には契約もしていないわけですし、有料のコンテンツを利用していないわけですから、まずは無視をして様子を見ましょう。
その間、自分自身で本当に契約をしていないこと、そして実際に有料のコンテンツを利用していないことの確認をしておきます。

もし、架空請求が繰り返し行われる場合には、国民生活センター等へ相談しましょう。
請求元に対して無闇に抗議や問い合わせをすると、プライベートなメールアドレスや電話番号といった個人情報を相手に知られることになり、迷惑行為がエスカレートする場合があります。

次に、不当請求の対処法ですが、不当請求の場合は実際には契約をしていたり有料のコンテンツを利用しているわけですから、まずは契約の内容やコンテンツの利用状況を確認する必要があります。
その上で、契約の内容と異なった内容の請求をされた場合や、実際の利用状況と異なる利用料金を請求された場合はもちろん応じる必要はありません。

ただし、不当請求の場合は実際に利用したコンテンツの利用料金は支払う必要があります。
その際、請求元に確認や修正を求めるケースがあるかと思いますが、その場合はプライベートなメールアドレスは使わずに捨てアド(フリーメールアドレス)を使用するようにします。
出会い系サイトでは、登録の際にメールアドレスを設定するようになっていますが、その時点で捨てアドを利用することをおすすめします。

不当請求の場合も請求が一方的に繰り返し行われる場合には、国民生活センター等へ相談しましょう。

架空請求や不当請求の被害に遭わないようにするには

架空請求や不当請求を未然に防ぐ方法…それは悪質なサイトを利用しないことです。
しかし、サクラサイトやダミーサイトと同様に見た目だけで悪質なサイトを見極めるのは非常に困難…。
ですから、架空請求や不当請求を未然に防ぐと言うよりも、請求されたときに実質的な被害に遭わないようにすることが重要となります。

それでは、悪質な出会い系サイトから架空請求や不当請求されたときに、実質的な被害に遭わないようにするための具体例をいくつか挙げて見ましょう。

利用規約やサイトの説明をよく読む

まず、出会い系サイトに登録する前に利用規約やサイトの説明をよく読むようにしましょう。
よくあるパターンとして、契約書や利用規約の中で利用者が不利になるようなことはわざと小さな文字で読みづらくしてあることがありますので注意が必要です。

また、利用規約やサイトの説明は運営者側によって改訂される場合があるので、サイトを利用している最中でも時折確認する必要があります。

登録するアドレスは捨てアドを使う

前述したように、出会い系サイトでは登録の際にメールアドレスを設定するようになっていますので、その時点で捨てアド(フリーメールアドレス)を使用するようにします。

これは、悪質なサイトとのやり取りのためだけでなく、サイトを退会した後のスパムメールやストーカーメールを遮断するという意味でも重要なことです。

料金の支払いは完全前払いで行う

ポイント制や定額制といった料金が発生する出会い系サイトを利用する際は、決済方法が完全前払いのサイトを利用するようにします。

ポイントがなくなったら自動で追加され後日請求されるポイント制のサイトや、利用期限が来たら自動的に延長され後日請求される定額制のサイトは、できるだけ利用を避けるようにしましょう。

架空請求や不当請求に決して応じない

ここが一番大事なところですが、架空請求や不当請求に対して決して支払いに応じてはいけません。

サイトによっては、そこまで無茶苦茶な金額ではなく「これぐらいなら支払って、事を大きくしないようにしよう…」と思わせるような金額を提示してくる場合がありますが、一度支払いに応じてしまうとカモにされてさらなる請求がくるかもしれません。

こちらから不用意に連絡しない

万が一、架空請求や不当請求をされてもこちらから不用意に連絡してはいけません。

もし、架空請求や不当請求が一方的に繰り返される場合には、警察や国民生活センター等へ相談しましょう。

悪質なサイトによる架空請求と不当請求のまとめ

ネット上には実に数多くの出会い系サイトが存在しているので、架空請求や不当請求を行う悪質なサイトを見極めることは困難かもしれません。
しかし、少なくとも正しく対処することで被害者になることを防ぐことができます。

実際に架空請求や不当請求をされると、焦りや恐怖そして不安感から早くその場を逃れたいという気持ちに追い込まれがちですが、支払いに応じても次なる請求の不安から逃れることはできません。
ですから、自分で自分を追い込まないためにも毅然とした気持ちを持ち続けることが大切です。

架空請求や不当請求には応じない!そういう強い意志を持ちましょう。