出会い系サイトを長く使っていると実に様々な相手に遭遇します。
あるときは「棚から牡丹餅」みたいに何も苦労をせずにドストライクの相手に巡り会えたり、またあるときは「サクラ」とおぼしき相手にまんまと騙されて泣きを見たり…。

今思えば、いい思いもしてきたけれど、それ以上に失敗を繰り返してきたことにようやく気がついた私です。

そんな私が言うのも何ですが、出会い系サイトで実際に会う約束をしたときに心得ておくべきことをいくつかまとめてみましたので、ここで紹介しておきたいと思います。

本当に会える相手なのかを見極めろ!

出会い系サイトでアプローチした女性から返信メールを貰い、メールのやり取りを通じて実際に会う約束ができればいよいよリアルな出会いは実現するわけですが、出会い系サイトでの出会いは実はここからが本番です。

  • 会う約束はしたけれど、実際に会うことができるのか?
  • どんな場所で会えばいいのだろう?
  • イメージと違う相手が来たらどうしよう?
  • 実際に会って何を話せばいいのだろう?
  • 会ったその日にホテルに誘ってもいいのか?

などなど、実際に会う約束ができたらできたで考えなくてはいけないことが色々とあるのです。

なかでも、最も大事なのが「本当に会うことができるのか?」ということ。
出会い系サイトには、相手の会員になりすました“サクラ”や“業者”と呼ばれる「会えない相手」にも注意しなければいけないので、まずは「本当に会える相手なのか?」を見極める必要があります。

たとえば、ポイント制の出会い系サイトでやたらとメールを送ってくる相手…。
返信してくれるのは喜ばしいことなのですが、メールの内容はというと「今何してるの?」とか「ヒマなんだけど…」といった超短文…。
そのくせ「今度会ってみる?」とメールしてみると「今はダメ~」…だって。
さっき「ヒマなんだけど…」って言ってたじゃん。
そんなメールを5・6回繰り返して、はい300円なり。

また、あるときは実際に会う約束して電車で片道約25分、そして待つこと1時間…しかし何の連絡もなしにドタキャンで、結局2時間という貴重な時間と400円の電車賃の損出…。
その後、またメールがきて「今度は絶対行くから…」だって。
はい、サクラー。

このように、出会い系サイトでは実際に会う約束をしても会うことができないケースが往々にしてあるので、できるだけメールのやり取りの早い段階で見極めることが大切です。

正規の会員と会うようになったときの心構え

出会い系サイトを使い始めた頃は「出会えない相手」に翻弄されて右往左往していたこともあった私ですが、実は初めてリアルな出会いが実現した時も右往左往していました。

…というのも、そのときは最寄り駅近くの喫茶店で待ち合わせをしたのですが、私は「どうせまた来ないだろう…」「また騙されるのでは…」などと落胆しながらも、無駄足にならないためにも「飯食って帰ろ…」と思ってランチを食べていたんです。
そこに、約束を交わした女性が現れたんです。
しかも、結構いい感じの女性が…。

待ち合わせをしていたのに、一人だけ飯食ってる私…。
気まずいやら、恥ずかしいやら、だからといって「サクラに騙されたと思って…」とも言えないし…。
結局のところ、その女性はコーヒーだけを注文してお話をすることに…。

しかし、ここでも私は自分の心構えの不十分さを悔いることになります。
「どうせまた来ないだろう…」家を出るときからそう思っていた私は、これまでのメールのやり取りもうろ覚えで話がなかなかかみ合いません。
しまいには「この後どうすればいいのだろう…」とうろたえる私…。
初めての出会いだったこともあり、頭の中が真っ白状態の私は次に会うお願いすらすること無くその女性と別れたのでした。

もちろん、自宅に帰ってからは反省しきり…。
もし、あのとき一人だけ先に飯を食っていなければ、すぐに次の行動に移れたかもしれない…。
もし、あのとき会話がかみ合っていたら、親密な関係になれたかもしれない…。
もし、あのときホテルに誘っていたら、結構いい感じの女性とエッチができたかもしれない…。
そのすべては、「どうせまた来ないだろう…」という思いからの心の準備不足です。

それからというもの、私は出会い系サイトで会う約束をしてからの心構えを持つようになりました。

私流の出会うまでの心構え

まずは、何と言っても出会える相手かどうかを見極めること。
メールのやり取りが不自然に繰り返される場合は、メールを送信させることで課金させるサクラかもしれませんので、早い段階で中止しましょう。
また、リアルな出会いに誘ってもはぐらかされたり、会う約束してもドタキャンする相手もサクラの可能性大です。

次に、正規の会員と出会う約束をした場合は、改めてその会員のプロフィールや掲示板の書き込みをチェックして、相手か興味を示しそうな会話のネタを準備しておきます。
初対面の相手と出会って会話をする場合、話題がなくなって沈黙になることも少なくありません。
ですから、あらかじめネタを準備しておくことで、相手を飽きさせない…そんな好印象を持って貰うことができます。

出会いの場所は相手によって変えるようにします。
たとえば、相手が人妻の場合は自宅よりも離れた場所、それでいて人妻が容易に移動できる場所を提案します。
もちろん、人目についてはいけないので個室のある飲食店や場合によっては車の中などで話をするのもありだと思います。

もし、イメージと違った女性がきたとしても、そこは紳士的に振る舞うのが男らしさです。
会話だけでも盛り上げることができたら、次の出会いに大きくプラスになることは言うまでもありません。

そして、最後にその日のうちにホテルに誘うか否かは、実際に会うまでのメールのやり取りで判断しておきます。
もし、相手が積極的に大人の出会いをアプローチしてきた場合は、即会いからの即エッチも十分期待できるので、近くにホテルがある場所での待ち合わせを提案してみます。
その際、思惑通りに事が運ばなくても次に会うときはホテルに行けるような関係性を保っておくことが大切です。

実際に会うようになったときの心構えのまとめ

ここまで、自分なりの「実際に会うようになったときの心構え」について色々と書いてきましたが、これらはあくまでも自分の経験から考えついたもの…。
ですから、すべての人に通用するかと言えばそうではありません。

大切なのは、自分なりの心構えを持つこと。
失敗してもそこで何かに気づくことができれば、その失敗は成功の元になります。

失敗を恐れずたくさんの経験を積んで心構えを学習していけば、いつしか出会いを高確率で成功させる攻略法が身につくはずです。